KALS 駒場アクティブラーニングスタジオ

更新履歴 :: News

2008年度

2008-08-20 9月16日(火) 現代GP KALSサマーキャンプ開催のお知らせ
 9月16日(火)に東京大学 現代GP KALSサマーキャンプを開催します。ご興味のある方はぜひご参加下さい。
詳細

2008-07-28 8月1日(金) オープンキャンパスのお知らせ
 8月1日(金)にKALSにて、 オープンキャンパス「ワークショップ 未来の教室で考える...大学って何だ」を開催します。ポスター [PDF:4,540KB]

2008-07-16 Rob Reilly氏講演会の報告
 7月12日(土)にRob Reilly氏を迎えて講演会を実施しました。約20名の方々にご来場いただきました。
発表資料 [PDF:962KB]

2008-07-03 2008/07/12 Rob Reilly氏講演会開催のお知らせ
 米国・IEEE(米国・電気電子学会) Education SocietyのChairを勤めているRob Reilly氏が訪日されるということで、現代GPの取組として、大学教育におけるICT活用の教育方法について講演会と意見交換を行います。

主催:東京大学教養学部附属教養教育開発機構
日時:2008年7月12日(土) 16:00-17:30 (講演60分、質疑30分)
場所:東京大学 駒場Ⅰキャンパス 17号館2階 KALS
講演者:Rob Reilly氏
講演内容:大学教育におけるICTを活用した教育方法
使用言語:英語
参加方法:参加費無料、申込不要

 Rob Reilly氏は、IEEE(米国・電気電子学会) Education SocietyのChairとして活躍している。University of Massachusetts, Amherstで教育工学の学位を取得後、University of Massachusetts, Amherst, University of Memphis, MIT Media Labでaffective/cognitive learning theoryについて研究と実践を行ってきた。
チラシ PDF
2008-05-07 KALS見学・利用申請ページ作成のお知らせ
 KALSの見学、および利用を希望される方向けに、見学・利用申請ページを作成いたしました。学内専用ページから見学・利用申請していただくようお願いいたします。 ⇒ 【KALS 見学・利用申請ページ】
※事前に授業時間等をご確認のうえで、ご申請ください。
2008-03-20 現代GP 国際シンポジウム「ICTを活用したアクティブラーニング」の終了
 国際シンポジウムは約180名の方からご参加いただき無事に終了しました。シンポジウムの様子は後日、本ウェブサイトでの報告や東大TVにて映像配信いたします。

2008-02-05 現代GP 国際シンポジウム「ICTを活用したアクティブラーニング」の事前登録開始
 平成19年度現代GP採択取組である東京大学「ICTを活用した新たな教養教育の実現−アクティブラーニングの深化による国際標準の授業モデル構築− 」の国際シ ンポジウムを開催いたします。Peter Dourmashkin氏(マサチューセッツ工科大学),Daniel Gilbert氏(スタンフォード大学),美馬のゆり氏(はこだて未来大学)をお招きして,ICTを活用した先進的教育の取り組みの事例について、ご紹介していただきます。また当日は、駒場アクティブラーニングスタジオ (KALS)の見学会も行いますので、多数のご参加をお待ちしております。

事前登録制(当日参加も可能)→http://www.komed.c.u-tokyo.ac.jp/gendai/sympo19.html
2008-01-18 現代GP 国際シンポジウム「ICTを活用したアクティブラーニング」の開催
東京大学教養学部・情報学環・大学総合教育研究センターは,3月17日,MIT Dept.Physics Dr. Peter DourmashkinとStanford University SCIL Mr. Daniel Gilbertとはこだて未来大学美馬のゆり先生をお迎えしてアクティブラーニングに関する国際シンポジウムを開催します.

日時:2008年3月17日(月)13:00-19:00
場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス 18号館ホール
参加費:無料
主催:東京大学 教養学部・情報学環・大学総合教育研究センター
共催:東京大学 教養学部附属 教養教育開発機構
後援:東京大学 教育企画室 TREEプロジェクト
プログラム
1部
-MIT TEAL Dr. Peter Dourmashkin
-Stanford University SCIL Wallenberg Hall Mr. Daniel Gilbert
-Future University - Hakodate 教授 美馬のゆり
-The University of Tokyo CWP at KALS Professor Tom Gally
-東京大学大学院情報学環 福武ホール 准教授 山内祐平
-東京大学大学総合教育研究センター MEET Project 客員准教授 望月俊男
2部
-Panel Discussion
-KALS見学会

 
東京大学