KALS 駒場アクティブラーニングスタジオ

概要 :: Introduction

2007年5月に駒場キャンパス17号館に開設された「駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)」では、教養学部・情報学環・大学総合教育研究センターの共同プロジェクトとして、東京大学が掲げる<理想の教養教育>を目指した新しいタイプの授業が実践されている。従来の教室で行われている、板書あるいはプロジェクタとノートによる聴講型の授業に対して、KALSで行われる授業では、データ・情報・映像などの様々なインプットに対して、読解・ライティング・討論を通じて分析・評価を行い、その成果を統合的にアウトプットする能動的な学習活動、すなわち「アクティブラーニング」に重点が置かれる。授業中に"その場"での協調学習を採り入れることによって、学生の能動的な授業への参加を促進している点も、KALSで行われる授業の特徴である。  KALSは、最先端の情報コミュニケーション技術(ICT)を活用して、アクティブラーニングの効果を最大限に引き出す設計がなされている。KALSで実施される授業は、ICTを活用したアクティブラーニングによって、学生自らがデータ・情報を整理して課題を見つけ出し、その解決を目指して様々な視点から課題に取り組むことにより、広い視野から問題に対応する能力を養うことを目標としている。
KALSを利用した新たな教育手法の開発は、「ICTを活用した新たな教養教育の実現」として2007年度から文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」に選定されており、現在、2名の常駐スタッフが授業の運用を支援すると共に、NHKアーカイブスの映像資料を利用した「基礎演習」、蛋白データや分子動力学シミュレータ等の先端研究の成果を採り入れた「全学自由研究ゼミナール:生命科学β」などの講義を実施している。

 
東京大学